不用品回収業者のトラブル事例と業者を見極めるポイント

不要品無料回収するといった広告や宣伝を見たことがある、という方は多いかと思います。

街中でスピーカーをつけて走らせていることもあるので、聞いたことがあるという方もいることでしょう。ただ、こうした無料回収はトラブルの元になりやすい側面があります。

冷蔵庫、テレビの処分は家電リサイクル法で義務付けられていて、本来は排出者が料金払って不要な家電をリサイクルに出すことが基本だからです。

悪質な不用品回収業者のトラブル事例

無料回収の場合のトラブル

本来有料のサービスを無料でしてくれるというのは聞こえが良いですが、回収後適正処理しないで解体して不要なものは不法と期するといった事例も過去あります。

また、無料という話だったにも関わらず、様々な理由をつけて有料にされてしまうケースも珍しくありません。

有料回収の場合のトラブル

例え、有料のサービスであっても安心してはいけません。
高額の請求されないため予め最高額を確認するようにしましょう。

見積もり時に比べとても高い額請求されたというトラブルが消費者相談センターにも寄せられています。見積もりを取るだけではトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

引っ越し当日回収依頼してるとき不要品をその場に置きっぱなしにすることできなくて、高額料を請求されても回収してもらう以外道はないという事例もあります。

無料という言葉には注意が必要!有料でも事前の確認を

基本的に不用品回収において無料と言う言葉には注意しましょう。
本来、不用品は料金を支払って処分してもらうものであり、なかなか上手い話はないと考えることが得策です。

また、有料の不用品回収サービスであったとしても、繰り返しになりますが予め最高額を確認しておくようにしましょう。

悪質業者の方法について紹介しましたが、こうした業者ばかりでなく、きちんと認可されたところであれば電話のやりとりだけで家具サイズ、量把握し、正確な額見積もりしてくれて、回収の流れをしっかり説明してくれます。

ご紹介した不用品回収サービスのトラブル例を知っておけば、スムーズに利用できます。

不用品買取業者を見極めるポイント

不用品買取業者を見極める上で「回収量の差」というものがあります。

回収量の差はどういったところから発生するのでしょう。

各業者の方針により料金に違い出ることがあります。
綺麗なホームページを作り費用かけて広範囲に広告出してるところは広告費がかかります。

また例えば、東京ではなく広い関東エリアを営業範囲にしてる業者はガソリン代などの諸経費もかかります。

逆に限られた狭いエリアで営業してるところは、チラシなどポスティングも狭い範囲であり、広告費を抑えらえられます。

営業範囲が広い業者は要注意

あまりにも広いエリアに広告を出しているような業者は注意が必要です。

こうした業者は料金が高いわけではありませんが、人件費押さえることにより人手不足になって指定した時間に遅れるなどサービスがおろそかになるケースが見られます。

近隣不要品回収業者の状況によっても料金相場が変わってきて、競争相手が多くシビアなエリアだと格安料金設定しなくては消費者は振り向きませんから、そうした地域は回収費用を安めに設定しているだけの場合もあります。

不用品買取業者を見極める上では、公式サイトや料金体系がしっかりと明記されている上で、あるていど、営業範囲を限定している業者を選ぶことがおすすめです。

とりあえず簡単なもので試してみること

不用品回収業者を見極めることは難しく、実際に利用しなければ分からない側面があります。

その意味でも、いきなり大がかりなものを頼むのではなく、簡単な不用品などがあれば、まずはそれを依頼してみて不用品回収業者の人柄や対応などを確認しましょう。

そこで問題なければ名刺を貰っておき、いざという時に頼むという流れにすれば確実です。

不用品回収業者と一口にいっても様々ありますので、今回挙げたポイントを踏まえつつ、少しずつ試していけばトラブルを避けることは充分可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする