不要品回収業者を利用するメリットとデメリット

不要品回収業者については誰でも一度は耳にしたことがあるかと思います。

ただ、中には無料買取と謳っているにも関わらずお金を取られたという話もあり、利用したくてもできないという方も多いことでしょう。

不用品回収業者と一口に言っても幅が広いのですが、このページでは一般的な業者についてのメリット・デメリットを解説していきます。

不用品回収業者のメリット

自治体によりごみ回収日決まっており粗大ごみ含めすべて自分で処理するととても時間と労力必要となります。

ごみ捨てたくて出しそびれたといったことは多いでしょうが、不要品回収業者利用してみるメリットは電話一本で都合いい日に回収しに来てくれます。

不用品回収業者と聞くと街中でスピーカーで宣伝して走る車をイメージする方もいるかもしれませんが、あらかじめインターネットで調べて、業者を選定した上で電話をすれば安心してお願いすることができます。

不用品回収業者はメリットが多い

回収業者はごみ種類問わず回収してくれる点も便利で、プラスチックや粗大ごみなど種類問わず回収依頼することができます。

そして、テレビはリサイクル家電のため通常の粗大ごみで捨てられませんが、これもすべて回収して必要な手続はすべて業者がやってくれます。

最近とても分かりやすい料金体型採用してる業者が多くて、初めて利用する人も安心して申込み可能です。

また、不要品数点の回収も品目ごと料金明確に設定されており、大抵のものはすぐ詳しい料金分かるようになっているのもメリットです。

さらに、不要品回収以外にハウスクリーニングなどサービス提供してる回収業者増えており、引っ越し時に荷造以外に各種手続きしなくてはならないこともありますが、回収業者にまとめて以来可能なことは大きなメリットです。

自治体のごみ回収は運ぶのが難しい

不用品回収業者ではなく、自治体にごみ回収依頼したら有料シール購入が必要となります。
回収微指定されることもあって急な回収へ対応は難しいです。

また、一番の難点は指定された日に回収場所まで運ぶ事となります。
エレベーターがない物件は一回ごみ集積所まで階段で運ぶ必要あって、大型家具など粗大ごみを運ぶとき一人ではリスクがあります。

仮に一軒家であっても、ベットやソファーを捨てたいという場合は、それを自分たちで外に運び出さなければなりません。
2階にある場合などは、非常に困難な作業であり、自治体のごみ回収は決して万能な存在ではありません。

不用品回収業者のデメリットと対策

不用品回収業者のデメリットは、悪徳な業者が存在するという点に尽きます。

例えば、街中をスピーカーをつけて宣伝しながら走らせる無料買取業者が存在しますが、無料と謳っておきながら中には有料になってしまうケースも少なくありません。

また、自分からお願いする場合も、業者によりよく調べないで安易に回収依頼すると思わぬトラブル発生したりします。

業者依頼した不要品がその後業者により不法投棄された事例も。
不要品回収業者は各自治体許可得てなくてはならず、依頼するとき許可の有無事前に確認してみてください。

多くの業者はサイトの会社概要ページに記載あって、されてなければ電話で確認してみて依頼をしましょう。
そして回収業者身元をしっかり把握するのに領収書発行可能かを確認してください。

このように不用品買取業者にはリスクやデメリットもありますが、利用者が未然に防ぐことは充分に可能です。

自治体のごみ回収における問題点を解決してくれるケースも多く、必要に応じて使い分けていくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする